青森県 黒石市、平川市、藤崎町、大鰐町、田舎館村 地区の医師会です。

南黒医師会の歴史

南黒医師会の歴史

昭和22年 新生南津軽郡医師会(社団法人)発足
昭和22年 新生医師会初代会長に星野一男が就任(会員50数名)
昭和30年 社団法人 南黒医師会に改称
昭和47年 星野一男が退任(在任24年間)
昭和47年4月 田村久吉 会長就任(会員70名、)
昭和53年 在宅当番医制実施
昭和55年5月 田村久吉 会長退任「在任8年」
昭和55年6月 伊藤弘 会長就任(会員73名)
平成4年 副会長二人制
平成6年 南黒医師会報創刊(季刊 平成28年7月現在 88号発刊)
平成14年3月 伊藤弘 会長退任「在任22年間」
平成14年4月 工藤隆士 会長就任(開業医70名 勤務医52名)
平成20年4月 特定健診実施4市町村と実施契約
平成24年3月 工藤隆士会長退任(在任10年)
平成24年4月 三上忠英(みかみ ちゅうえい) 会長就任 、 副会長 阿部朋親(あべ ともちか)、盛 庸(もり いさお)
平成25年4月 一般社団法人 南黒医師会に移行設立

一般社団法人南黒医師会は二市一町一村(黒石市、平川市、藤崎町、大鰐町、田舎館村「人口99,618人(2015年2月1日 現在)。面積785,75k㎡」)に跨る。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 南黒医師会 All Rights Reserved.